FC2ブログ

室内洗濯機置場の検討その2_千藤庵

千藤庵の2階角部屋の住戸(12平米の1K)における室内洗濯機置場の新設検討のその2です。

今回は、(1)物理的検討のための配管等の調査についてです。

110417_1236~002

IMG_20190811_094643.jpg
検討する設置場所は、水回りの設備なので、給排水管があるキッチン側で検討します。
玄関入ってすぐの場所の下駄箱等のスペースを活用するしか場所がありません。
洗濯パンは、64cm四方のサイズのところ、このスペースの幅は40cm弱しかないので、小さな仕切壁を撤去し、キッチンの一部も撤去が必要になります。写真の小型冷蔵庫の置場も、左に移動が必要なので、キッチンの扉も一部解体が必要になります。
千藤庵は、幅120cmのキッチンが売りですが、残念ですが、この部屋はキッチンの幅が小さくなってしまいます。

設置場所が決まったところで、給排水管があり、接続可能か否かを、床を開けて調査、確認します。

IMG_20190811_155928.jpg
水道管は、想定通り、容易に見つかりました。水道管は、勾配に関係ないので、比較的容易に分岐して、必要な管を新設できそうです。

IMG_20190811_122944.jpg
排水管も、ほぼ想定通りに見つかりましたが、洗濯パンの排水トラップの想定場所との平面距離、垂直距離がやや近かったので、分岐して排水トラップに接続させるための各種排水用の部材が入りきるか、微妙なところです。
また、その近辺にガス管が横断し、想定していましたが、小さな仕切壁の下には、梁があり、これらも配管上の障害となります。

ここは勝負して、洗濯パン、排水トラップ、給排水の管材を購入して、接続可能か、現地確認としましょう!

ということで、小さな仕切壁も撤去しちゃいました。
壁をとると、スペースが少し広くなった感じです。
IMG_20190812_153355.jpg


結果は、随時、ブログに掲載していきます。自主管理大家なので、検討はゆっくりになってしまいますが、しばし、お待ちください。
キッチンの改造まで必要なので、まだまだ時間がかかります。

<これまでの検討>
室内洗濯機置場の検討その1_千藤庵
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

千藤庵(せんどうあん)

Author:千藤庵(せんどうあん)
西武池袋線狭山ヶ丘駅より徒歩8分の1Kアパート千藤庵の家主です。ご入居者様のために、がんばっています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
累計閲覧者数
検索フォーム
リンク