FC2ブログ

角栄団地は昭和30年代の戸建ニュータウンです。

西武池袋線狭山ヶ丘駅と武蔵藤沢駅との中間に角栄団地と地元の古い人たちが呼んでいる一帯があります。
昭和30年代に角栄建設(田中角栄とは無関係)という会社が開発、分譲した戸建住宅のニュータウンであることから、角栄団地というそうです。現在での住所名は、入間市東藤沢のあたりです。

私が大家をしている千藤庵は、この角栄団地内に立地しています。狭山ヶ丘角栄団地は、都市ガス設備、上水道や商店街などが整備され、当時の住宅水準としては高度水準なものであったようです<ウィキペディア等より>。
狭山ヶ丘角栄団地は、車社会になる前の商店街は、にぎやかだったと、近所のお年寄りの人たちからよく聞きます。

今でも、当時の平屋建ての建物や商店街もわずかながら残っています。住民はお年寄りが多いですが、建直された住宅も多く、若い世代も増えています。道路幅は4m、区画面積も現代のニュータウンと比較すると狭いですが、緑が多い閑静な昔ながらの街並みで、安心感があります。

http://si-lab.net/?p=2563

千藤庵は、昭和62年築の経済的なコンパクト1Kの賃貸アパートです。
昭和30年代のニュータウンの面影が残る街で暮らしてみたい方は、どうぞ、ご連絡ください。
◆全室4.5帖のロフト付、戸建住宅街に立地
◆月家賃2.7万円~2.9万円(管理・共益費込)
 礼金・仲介手数料不要(本ブログからお問合せの場合! お得です!)

お部屋探し中の方は、下記より千藤庵の詳細および入居者募集の最新状況をご確認ください。
 入居者募集のページ
でご確認ください。

ご質問、内覧等のご希望は、下記のお問合せメール、または当ブログのコメント機能をご利用ください。
 お問合せメール
スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

千藤庵(せんどうあん)

Author:千藤庵(せんどうあん)
西武池袋線狭山ヶ丘駅より徒歩8分の1Kアパート千藤庵の家主です。ご入居者様のために、がんばっています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
累計閲覧者数
検索フォーム
リンク